朝活池袋読書会とは?

朝活池袋読書会は主に池袋で開催しています。

ただ本の感想や紹介をするのではなく、ワークシートを使って自分の価値観を明確化して人生に生かしてもらう読書会になります。

ただの本好きなら参加しない方が良い?

この読書会はただ「ただ読書が好き」「​趣味友達を作りたい」と思う人とは合わない読書会です。

そもそも開催のきっかけは、会社員として働くことに違和感を覚えるようになったからです。僕は社会人経験数年の若造ですが、人生の目標を設定している中で仕事という手段を持っていました。しかし、ふと周りを見渡した時に生きていくためにお金を稼ぐこと=人生の目標になっている人がとても多かったのです。

今の時代は100年時代とも呼ばれ、一つの会社で働き続けることによるリスクも​出てきている現状を踏まえ、会社という枠に囚われず自分の名前で稼げる力をつけたいと思い、自分で目標を立てて行なっている行動の一つが「朝活池袋読書会」なのです。

前向きに自分の未来に対してチャレンジしたい人、チャレンジしたいけど何をやって良いかわからない人と夢や目標について語り合いたい。​本を読む目的はそれぞれですが、この読書会では本気で「自分を変えたい」「自分の価値観を明確化したい」など、自己成長へ繋がるような内容で開催しています。

だから、「ただ読書が好き」「趣味友達を作りたい」と思って参加する人は肌が合わない読書会だと思います。

自分の人生を変えたいと思って行動する人はどれくらい?

自分を変えたいと思ってこの読書会を検索する人が100人だとすると、実際に参加する人はたったの20人!
そして、その中で継続的に参加する人はたったの4人。

つまり行動に移す人はたったの2割。そして継続する人はさらにその中の2割。

結構少ないですよね・・・

しかし、このたった2割の人が世の中を動かしていく原動力となるのです。

この2割の人は考え方がプラス思考・未来志向の考え方を持っているので、語り合うと楽しいですね。

​何のために読書をしていますか?

読書をする理由って人によって様々だと思います。

知らない世界に思いを馳せる・自分以外の人格になりきる・ストレス解消・知らない情報を手にいれる・自分の成長の糧とする・時間潰し etc・・・

社会人になると自己啓発本やビジネス本を自然と取る機会が多くなると思います。多くの人が自分の成長のために自己啓発本やビジネス本を取ると思いますが、読んだだけで満足していませんか?

僕の読書をする目的は「アウトプットするために読む」です。
ここで言っているアウトプットは人にプレゼンテーションするということではありません、「書き出す」という事です。

書き出すことによって自分の価値観が明確になり、実際に行動する後押しをしてくれます。
そして実際に行動に移してこそ、自分の成長に繋がると思いますので、是非この読書会の場を使って行動に移して行きましょう。

朝活池袋読書会ではこんな事をやります

朝活池袋読書会では以下の3部構成になっています。

●続ける技術 石田 淳 著

漫画で身につける「続ける技術」を使い、物事を継続させるコツを一緒に考えていくワークになります。


●人生は手帳で変わる 理想の自分を手にいれる! フランクリン・プランナー・ジャパン

「7つの習慣」を元に作られたワークシート付きの本です。
この本から価値観を洗い出すワークを使って自分の価値観を発見していきます。


●「好き嫌い」と経営 楠木 建 著

経営者の仕事の根底にあるのが「好き嫌い」という価値観や切り口です。この「好き嫌い」を明確にすることによって企業の立ち位置がハッキリしお客さんにユニークな価値が提供できるようになります。つまり、「好き嫌い」をハッキリさせることにより、他の人との差別化・個性の発見ができます。

​全てのワークを終えると自分の立ち位置と価値観が明確になり、これからどう行動していけばいいのかが明確になります。

朝活池袋読書会の流れ

​1.簡単な自己紹介(名前、職業、参加動機など)
2.おすすめの本があれば本の紹介
3.主催者からワークの説明
4.ワーク取り組み
5.ワークのシェア
6.フリートーク
7.アンケートの記入
8.主催者おすすめ本の紹介

​参加費:1000円(当日支払い) ※飲食代についてはご自身でご負担ください
持参品:おすすめの本、筆記用具
会場:ベローチェ南池袋二丁目店
住所:東京都豊島区南池袋 東日本ビル

​※他のイベント(飲み会、イベントなど)への勧誘、恋愛目的、その他勧誘目的と見なした場合は退席いただく場合がございます。

​こんな人におすすめ!

・自分の長所や強みを見つけたい
・前向きな行動をしたい、自分を変えたい
・家と会社の往復では出会えない前向きな人に出会いたい
・オススメのビジネス本や自己啓発本を教えて欲しい

申し込みはこちら