本を100冊読んで変わったこと

インスタで先日、読書記録100冊が達成しました。

当初1日1冊ペースで読み続けていたものの、途中ペースが落ちて184日で100冊という結果に(⌒-⌒; )

ただ、毎日本を読むということに関してはなんとか続けていました。

100冊読む前と読んだ後で僕の中で変わった事をお伝えしますね。

1.習慣が変わった

まず、圧倒的に本を読む時間が増えたこと。

電車の中は本を読む時間にしています。通勤の時間ら片道20分程度なので、1日40分は本を読んでいます

1)本を読む習慣ができた

本を読むメリットといえば深い知識を得られること。

本を読むことを習慣化することで、使える言葉が広がったり行動が読書をするための時間を捻出しようとするようになりました。

カバンの中には常に本が入っている状態で、仕事が早く終わったらカフェで本を読む時間に当てるようになりました。

行動の優先順位が変わったということですね。

2)アウトプットする習慣がついた

知識を入れようとするよりも、アウトプットするために知識を入れようとすることで、学んだことを自分の言葉で話せるようになりました。

また、インスタで読書記録を発信することで様々な人と繋がることができました。

自分だけでなく周りも変化していくところが面白いですね。

2.仕事の仕方が変わった

上司から注意された時に自分自身の行動の捉え方が大きく変わりました。

前までは、できない自分をひたすら責めていたのですが、今ではこの失敗を乗り切ったらどんな自分になるんだろうとワクワクするようになりました。

もちろん失敗ばかりは良くないですから、改善はして行きましょう笑

また、行動を起こすとき、効率を意識するようになりました。この仕事をどうすれば時間短縮できるかを常に考えています。

なぜかって?早く仕事を終わらせて本が読みたいから笑

3.武器につながる

読書会でオススメの本を教えてくださいと言われるようになりました。

たった100冊ですが、色々な本をざっくばらんに読んだので、こんな本オススメだよ~と自信を持って伝えられます。

これからも自分の成長のために本は読み続けていこうと思います。読んだ分だけ自分の血肉となるから。

この記事を読んで1冊でも本を手に取っていただければ幸いです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です